新型アウディA1の最新情報についてまとめてみました。

新車を40万円安くするノウハウ
新型アウディA1(アウディ)
新型アウディA1レビュー

アウディがリリースする
新しいコンパクトカーの形

アウディのラインナップの中で最も小さいモデル。
それでいて走りは力強く、デザイン性も優れている。

価格 人気グレード 値引き額の目安
288万円〜308万円 A1 Sportback 1.4 TFSI 9万円
エコカー減税 燃費
50%  97,000円 カタログ燃費:17.8km/L 実燃費:13.2km/L

 

質問値引きはどれくらい期待できますか?

値引き額は9万円程度とあまり期待できませんが、こちらのサービスを利用するとさらに減額することができます。

質問純正からエアロパーツの販売はありますか?

はい。アウディシリーズのスポーティモデルですので、 エアロパーツもフロント・リア・サイドスポイラー、リアディフューザーまで販売されています。 純正以外のパーツも他社で販売されていますが、質感の高いA1のボディデザインと合わせるには純正が一番です。

質問燃費性能はどうですか?

17.8km/Lなので十分低燃費です。

質問エコカー減税はありますか?

50%で97,000円減税されます。

質問乗り出し価格はいくらでしょうか。

人気グレードのA1 1.4 TFSIで320万円くらいでしょう。オプションの追加などにも左右するので注意してください。

質問モデル展開は?

オーソドックスな2ドアのものと、大きさそのままに5ドアを実現したスポーツバックの2種があります。さらに、ワンランクをいくS-Lineがあります。

質問人気グレードはどれですか?

2ドアのA4 2.0 TFSIです。コンパクトだけどパワフルな走りができる車が欲しいというニーズに合致しています。

質問スポーツバックの特徴は?

大きさそのままに5ドアを実現したことです。これにより、利便性と活躍できるシーンが広がりました。

質問S-Lineは他のモデルと何が違うのでしょうか。

ホイールやタイヤを専用デザインのものに替えることによりスポーティな走りを実現しています。また、インテリアも随所に本革をあしらうなど、高級感を追求。より上質なドライビングをS-Lineは実現します。

質問ボディのカラーバリエーションは?

11色も展開があります。力強さを前面にアピールできるレッドから、落ち着きあるブルーまで様々です。また、同じ白系のカラーでも3種類ほどあります。自分にピッタリのカラーが見つかるはずです。

質問どのようなオプションがありますか?

エアコンをオートマチックに制御できるシステムや、BOSEの最高音質のスピーカーの追加ができます。最近では、iPodなどのミュージックプレイヤーを簡単に接続して再生できるAMIという独自のサービスの人気があります。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくして新型アウディA1を安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけで新型アウディA1のエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

ズバット買取

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよく新型アウディA1に乗り換えられますしね。

   

A1は、コンパクトカーでありながらアウディらしさを凝縮したモデルとなっている。ダイナミックなボディは美しい曲線を描いている。スタイリッシュで無駄のない作りは、乗る人だけではなく道行く人の目に留まることも間違いない。また、インテリアにおいても最大限の配慮が施されている。車との一体感を高めるシートの作りや疲れを感じさせないシート設計など、アウディの技術が活かされている。さらに、このA1はオーソドックスな2ドアに加えて5ドアのスポーツバックやワンランク上のS-Lineを用意している。スポーツバックは大人5人乗りを可能としており、より多くのシーンで楽しめるものとなっている。S-Lineはより高級感の高い作りとなっており、上質な空間が演出されている。A1は、コンパクトなボディと力強い走りを真骨頂に、豊かなモデル展開することで、ユーザーに愛される、新しい価値を創造している。

新車を40万円安くするノウハウ